スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタバタな日々・・・(泣)

とうとう明後日からいえ・まちフェスティバル】です。

家はなんとかなりましたが、バタバタです。
ゆっちの仕事が毎日早く帰れれば、びびの負担も減るのですが、どうしても毎晩遅くて、びびの負担が増えてしまい、綱渡り状態。。。
これから建てるお友達の参考に、また自分たちの記録に少し整理します・・・。
文章ばっかりの少し小難しい内容になりましたが、お家を建てる方には少しは参考になると思います・・・。




【火災保険】
ゆっちとびびん家の、火災保険は、それなりに比較検討をしてみました。

以下のような苦労を重ねました。
①窓口のある複数の保険会社を扱う代理店でのお勉強と、見積の収集
②ネット上で複数の保険会社を扱う代理店を通じた見積の収集
③上記①と②の結果をもとに、ミサワホーム営業Kuwaさんから紹介いただいたファイナンシャルプランナーに相談

結論として、同一条件で比較した場合、ゆっちとびびん家は、
第1位:朝日火災
第2位:AIU
第3位以下:第1位と第2位に対して、金額的に大差
となり、朝日火災と契約しました。

大手保険会社も含めて検討しましたが、同一条件で1.5倍位差がありました。
保険会社は、ネームバリューや会社の大きさから信頼できそうといった安心感から大手の方が・・・と思ってましたが、びびが一言「保険の目的は何?同じ内容なら安い会社!」。
これで決定です。

ちなみに保険会社が、もし倒産しても契約者は保険機構により9割程度は救済される制度になっています。
その前に日本の保険業界の仕組みとして、倒産した会社は、どこかの会社に買収されるようで、結果として契約者は救われるそうです。企業買収=保険契約者を引き継げますから。

また、地震保険、水災は、悩んだ末に外しました。
但し、これらは、途中から追加可能ですから、不安を感じたら追加したいと思います。
この途中で変更できることも、多くの方は知らないようですので、是非ご参考に。

今回の保険で、勉強になったのは【破損・汚損の突発的な事故】と【個人賠償責任補償】です。
実施に火災保険の適用を受ける場合は、火災の事故ってほとんど無いですが、この2つは適用を受ける事故も多い割りに、保険額は安いです。
ちなみに、【破損・汚損の突発的な事故】は、電化製品を落として、電化製品も床も壊れたとき、【個人賠償責任補償】は子供が誰かを怪我させたり、物を壊した時に適用されます。




【引越し】
【いえ・まちフェスティバル】のあとの、本当の意味での引き渡し日が決まりました。
これを受けて、エアコン工事、電話工事、ケーブルTV、そして引越し業者の手配が必要です。
エアコン、電話、ケーブルTVは、業者に電話するだけでOKですが、引越し業者は・・・。

引越し業者は、アリさん、ウエルカムバスケット、アート、サカイの4社から見積を取りました。
引越し距離が数十メートルで、荷物の量も3トントラック1台分ということで、相場から4~5万円以下・・・と予想していました。

結果は、アリさん3万円→ウエルカムバスケット4.5万円→アートとサカイは5万円越えでした。
その後、ウエルカムバスケットから3万円で頑張ります電話があり、現在びびが悩んでおり、明日には結論を出す予定です。




【最終振込み】
ミサワホームへの最終振込み額が決まりました。
全額住宅ローンからではなく、一部は手持ち資金からの振込が可能でした。

でも、ここで問題が・・・。
①今までに通帳を色々な意味で?たくさん別けていたため、1つに集めるために複数の銀行まわり。→ついでに、取引の少ない銀行は解約。しかも、ゆっちの口座をびびが解約したりするため、本人でないための手続きが必要。
②ネット銀行は、取引制限額を少なくしてあるため、制限額を変更した場合は、制限変更は翌日になり、1日ずれてしまう。
こんなことがあり、最終振込みもバタバタに。




【土地の権利】
今回、ゆっちとびびん家は、祖父が地元に戻ってきて欲しい・・・との思いから、ゆっちが高校生位に田んぼを宅地にして準備していた土地で、所有者は祖父です。

したがって、登記をするのに、祖父の承認はもとより、土地の権利書が必要になります。
でも、これがありません・・・。

司法書士の先生が調べると、何とこの土地は、戦後昭和22年に農地解放の制度により、早くに父親を亡くした祖父が19歳の時に所有した農地。
農地解放とは、昭和敗戦後GHQの最高司令官マッカーサーが、寄生地主が日本の軍国主義に加担したとして農地改革を行い、地主が保有する農地は、政府が強制的に安値で買い上げ、実際に耕作していた小作人に売り渡した制度のようです。

歴史に触れて、何となく身震いしましたが、司法書士の先生が言うには、このときの権利書を持っている老人はほとんどいないとのこと。
結局、今回は司法書士の先生にお願いし、ゆっちとびびが公式立会人となり、権利書を再発行することになりました。




【新築奨励金】
ゆっちとびびん家の住む町は、新築住宅に対して10万円の奨励金が振舞われます。
優良?納税者としては、是非この奨励金はゲットしなくてはなりません。

でも、日常生活において、この奨励金の存在が広報されるわけではなく、存在は知りませんでしたので、引渡し寸前に奨励金の存在を知り、手続きをバタバタで行いました。

やっぱり、家の建てる時には、色々な補助金などを調べると良いですね。




【カーテン】
ゆっちとびびん家は、カーテンは、ミサワホームでは提案を受けましたが、コスト縮減のため、自分たちで手配することにしました。

手配には、以下のような苦労を重ねました。
①ミサワホームのインテリアコーディネーターさんと相談して基本Planを作成。
②基本Planをもとに、5社から提案と見積をもらう。
③提案と金額面から1社に選定。

以上の結果、以下のような結論になりました。
第1位:カーテンバザー
第2位:カーテン倶楽部
第3位:ニトリ
第4位:ファニチャードーム
第5位:カーテン王国

金額的には、オリジナルカーテンを多用するとニトリになりますが、ゆっちとびびん家はメーカー品も多用するため、ニトリ、ファニチャードーム、カーテン王国等の大きな業者は逆に割高になりました。
逆にメーカー品は、大手のお店の方が安いと思いましたが・・・。

お願いすることにしたカーテンバザーですが、実は金額面でもお安い提案でしたし、何よりセンスがずば抜けてました。

また、せっかくなので、家が完成し、フローリングとクラスが見られるようになってから、最終のプレゼンをしたいと言うコダワリもあって、びびが直ぐに「この業者!」と決めました。
したがって、昨日、プランナーとびびが家を確認し、来週に最終のプラン提示を受け、それから工場への発注となります。

したがって、引越ししてから数日間はカーテン無しの生活になりますから、当面の寝室はシャッターのある和室に決定です。

カーテンバザーさんのホームページ→カーテンバザー





【一番大事なこと】

明後日から【いえ・まちフェスティバル】でお披露目になりますが、ゆっちとびびん家の住む地区の古くからの風習で、ご近所さんに新築住宅をお披露目しないといけません。

古い人からは、完成見学会の前に行うべきといった意見もありましたが、完成見学会のチラシをご近所に配布することで案内にかえるようにお願いしました。

明日びびが、【いえ・まちフェスティバル】のチラシをもって、ご近所まわりをします。




【その他】
その他、施主支給品とするテレビドアホン、シーリングライトの購入、生活雑貨の購入など、まだまだ山ほどやることがあります。
気が遠くなりますね。




★★BLOGランキングに参加しています★★
よろしければ、ポチっと1回お願いします
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ミサワホームへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 3回目のトライ!

とうとう、今日からお披露目です。
お祝いは気になさらずに!
いつもサッカー応援でお世話になってますから、それで十分です!
お引越しの段どりは、びびがやってますので、もしものときはよろしくお願いします!
★BLOGランキング参加してます★
ぽちっと1回お願いします。
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カウンター
プロフィール

ゆっちとびび

Author:ゆっちとびび
<主な登場人物>
「ゆっち」:主(あるじ)
「びび」 :奥さま
「こっち」:おねーちゃん
「ひーち」:おてんばちゃん

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。